元気には刺激も必要

アクセスカウンタ

zoom RSS 山荘が国の文化財に

<<   作成日時 : 2016/12/10 13:29   >>

ナイス ブログ気持玉 500 / トラックバック 0 / コメント 46

時代劇で有名な今は亡き

俳優 大河内傳次郎の別荘で

小倉山に在する大河内山荘へ訪れてきました

30年の年月をかけた庭園で山を上りながら三つの

回遊式庭園を紅葉を仰ぎ見 最後の庭園「月下亭」は 

遠くまで広々と見渡した雄大な眺めでございました

嵐山・渡月橋・竹林の道・天龍寺へ訪れた際には

ゆっくり散策しながら自然の起伏を生かした

庭園にお立ち寄りに 見応えがあります




画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像







月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(46件)

内 容 ニックネーム/日時
かつて個人宅のお庭だったとは、
思えないほどのスケール感に圧倒されます。
映画が最高の娯楽だった時代のスターは、
全然違うなあという感じですね。
より古い時代のお庭とも違って、紅葉越しに
山々を見晴らすのびやかな景観が、
このお庭の魅力的なところだと思いました。
yasuhiko
2016/12/10 14:15
 かの有名な丹下左膳さんの別荘だったのですね。大河内傳次郎氏は知らなくても丹下左膳さんの事は知っている人多いと思います。
 立派な庭園できちんと散策路が整備されているのは、さすがに京都の庭園だと思います。中門をくぐると、茶室やら仏殿などが有り貴重な文化財が見る事が出来るのは、すごい事だと思います。
 秋ですが最後の竹林、すがすがしいですね。(すごいな…!)
藍上雄
2016/12/10 14:48
こんにちは!
大河内傳次郎さんのお宅だったのですか?嵐山にあるのですね。初めて知りました。個人のお家だったとはスケールが違って驚きました。お手入れされた日本庭園の素晴らしいこと。紅葉もとても綺麗です。
どこまでも伸びる竹林の風景も良いですね。京都は見所が沢山あって素敵ですね。
eko
2016/12/10 14:57
こんにちは。
素晴らしいの一言に尽きますね!、これだけの庭園が個人のものであった事に驚くと共にロケーションの素晴らしさにも驚かされました。私が幼少の頃見たモノクロの映画の主人公、「丹下左膳」が大河内伝次郎であった事を知ったのは大分後の事でしたが、当時の映画俳優は全ての点で現在の俳優達とはスケールが違っていた事を思い起こさせます。
毎日日曜人
2016/12/10 15:13
大河内傳次郎氏の大河内山荘は、氏の理想を追求するために作られたと聞いてます。
京都に住んでいながら実は行ったこと無いのです。
嵯峨野嵐山界隈は混んでいることと まだまだ勉強が足りないから見ても解らないんじゃないかと思っている下欄ですけど。
噂に違わない素晴らしい風景。
勉強足らなくても 混んでいても行くべきなのか…今も悩んでいます。
おーちゃん
2016/12/10 17:07
いつもすばらしい庭園を見せていただいてますが、これも驚くくらいです。
いい庭園だからこそ、紅葉もより以上よく見えますね。
色とりどり、光と影、美しさに深いものを感じます。
このようなところ、歩いたら気分もひきしまるのではと思います。
ありがとうございます。
はるる
2016/12/10 19:05
懐かしいです
大河内山荘は、10年以上前に行きましたが
素晴らしいところですね。
嵐山、渡月橋、竹林の道、天龍寺は今でも
はっきり覚えてます。
嵐山でトロッコ列車と川下り・・
どちらにしようかと思いましたが、結局
トロッコに乗りました。
竹林の道はゆっくり歩いて、写真をたくさん
撮りました。
やっとさんのように素敵に撮りたかったです。
大河内山荘の山も上りました。
ここはほんとに素敵な紅葉ですね。
そのあとに行った時は大河内山荘に
行かれなかったので、今、すばらしい写真に
見入ってます。(*^-^*)
あこ
2016/12/10 19:39
こんばんは。
調べると、大河内山荘の紅葉は、11月下旬迄が見頃とありました。
これは12月に入ってのものですか?
来年にでも訪れたいと思っています。

「京都一周トレイル・高雄からゴールまで [後編](2011.12.10)」
で、高雄バス停から阪急上桂駅まで歩きました。
小倉山(亀山公園)では「小倉百人一首」を詠みながら進んだ事を思い出します。
竹林で圧倒されましたが、大河内山荘には入らず仕舞いでした。
その時、化野念仏寺の境内でも紅葉が綺麗でしたので、大河内山荘は12月でも良かったのでしょうか。

とても明るかったんですね。
色飛びも見受けられますが、紅葉が鮮やかでとても綺麗です。
アルクノ
2016/12/10 20:15
こんばんは。
嵐山へ以前会社の旅行で行ったときに「ここが大河内傳次郎さんのお宅です」と言う説明を受けたことはありましたが、中がこんなになっているとはあの時想像さえもしてみなかったです。大きくて立派な庭園と、建物も素晴らしいものですねぇ。中ほどの紅葉と松の木のある写真がとても気に入りました。綺麗ですねぇ。眼下に街並みが見えて手前には真っ赤に染まった紅葉と…ゆっくり散策されたらかなりの時間が必要になるのでしょうね。最後の竹林がとても綺麗でホッとさせられました。ありがとうございました。
HT
2016/12/10 20:32
こんばんは。
思わず、綺麗、と言ってしまいました^^
手入れも大変なのでしょうけれど、素晴らしい息を飲む美しさ、、
個人宅だったなんて、信じられないです。
四季折々に違った美しさを見せてくれるのでしょうね、行って見たいです。
JK
2016/12/10 20:34
おはようございます。
これが個人で所有されていた別荘だっとは…かなり造りこまれていて見事ですね。
自然をどんな風に取り入れたら‥とか、木々の植え込み方も考えられているようですね。
この庭園を歩いていると日々の喧騒など忘れて心身共に癒されますね。。。


きょんたん
2016/12/11 07:16
すてきな庭園ですね。
個人で所有していらっしゃると、管理費もすごく莫大でしょうね。
丹下左膳、懐かしい響きです。
そして、本宅でなく別荘ですから、すごいことですよね。
散歩していたら「くせ者、切り捨ててやる〜」何て、木陰から出てきそうですね。

でも、素晴らしい庭園です。
24時間だけでも住んでみたいですね。
夕焼け
2016/12/11 07:48
 素晴らしい山荘ですね。
 俳優の大河内傅次郎は懐かしい名前です。娯楽の少なかった子供の頃、独特のしゃべりの丹下左膳などの映画はよく覚えています。
 山荘の山門や高床式の茶室風の山荘が独得で味わいを感じます。
 自然の起伏を活かした回遊式庭園は、紅葉が映えて眺望もよくて、とても個人の山荘とは思えないほどの見応えがありますね。
mori-sanpo
2016/12/11 10:28
大河内山荘の庭園の紅葉は見応えが有る位に赤く染まり〜
5枚目6枚目のお写真はクリーンと赤の対比が美しいく。。。
絵葉書にして寒中見舞いとして友人に送ったら『喜ぶ
だろなァ〜』なんて一人で妄想しながら拝見していました。

庭内は広くてユックリと御散歩気分で歩いた後に
甘い物を頂き紅葉を愛でながらお茶をする一時は
最高でしょうね。

何時も美しい風景のお写真を拝見させて頂き
麗菜
2016/12/11 10:49
こんにちは。

大河内傳次郎の別荘ですか。
凄い別荘ですね。。。
なんだこれは。
竹林、綺麗ですね。
京都って感じですね。
トトパパ
2016/12/11 10:56
今日は
昔、行ったこと有ります
余りの豪華な個人庭園にビックリ
しました
大スターでしたからね〜
すーちん
2016/12/11 11:44
えぇ〜驚きです!!大河内傳次郎の別荘ですか!?!
素敵ですねぇ〜〜〜
こんな所で悠々自適〜想像するだけでトリハダもの〜
国の文化財として長く保存されるのですね!
傳次郎さんもきっと天上の彼方から見下ろしながら
あの独特のお声で笑っていらっしゃるかも……
今日も素敵なお写真をありがとうございます〜〜
miki
2016/12/11 12:51
こんばんは。
昔、冬の季節に訪れたことがあります。
竹林を歩いている時に雪がちらちらと舞い始め、静寂の世界でした。
やっとさんのお写真のお蔭で・・・記憶の時間旅行(?)が出来ました。
ありがとうございました(*^_^*)
クリム
2016/12/11 19:32
出掛けている内にもう満杯!
失礼しました。
なんと美しいお庭なのでしょう。
大河内・・・名前は覚えております。
素晴らしい写真で、楽しませていただきました。
いつもありがとうございます。
ハッピー
2016/12/11 21:22
大河内山荘の事は知ってるんですが、中に入った事がないんです。
素晴らしい庭園ですね!
それに、紅葉が綺麗!
その中で、お抹茶と茶菓子ですか…
イイなぁ〜。(^^)
京都、ここにありっていう感じです。
大河内傳次郎と聞けば、スグに「丹下左膳」が浮かんでしまいます。(^^ゞ
yoppy702
2016/12/11 23:53
見事な紅葉のグラデーション。
こんな場所にいたら、時間のことなんか忘れて
背の高〜い竹もいいですね。
素晴らしい写真、ありがとうございます。
気持ちもリフレッシュです。)^o^(
ゆう
2016/12/12 09:06
相変わらず きれいな色の写真 堪能させて頂きました。
アングルの良さは やっとさんの腕の良さ 色のきれいさは カメラの性能の良さですね。
大河内傳次郎さんの別邸は 行った事があります。
でも 紅葉の季節ではなかったので こんなきれいな景色は見られませんでした。
写真を見ていて 行った時の事を 少しずつ思い出しています。
京都はやっぱり すばらしい。
また行きたい気持ちが ふつふつと湧いてきましたわ。
あさがお
2016/12/12 09:30
こんにちは♪
素晴らしいロケーションですね!
お写真を拝見しまして釘付けに。
あの『丹下左膳』の大河内傳次郎
さんのお屋敷なんですか。ステキ!
いつもお越し戴きありがとうございます。
ぷりめいら
2016/12/12 13:36
大河内山荘の素晴らしい庭園に圧倒されました。
以前、嵯峨野の化野念仏寺から下って落柿舎へ来ていよいよ大河内山荘、、時間が無くて諦めた山荘でした。30年もかけて造られた庭園なのですね。
ぜひ訪ねるべき別荘ですね。このお写真を脳裏に焼き付けました。
みなみ
2016/12/12 15:20
こんにちは〜♪
懐かしいです!(^^)!
私も何度か訪れました。
特に紅葉の時期には素晴らしかった事が思いだされます。
素敵な写真の数々有難うございましたm(__)m
ミモザ
2016/12/12 17:13
嵐山を散策した折に大河内山荘の前を通り過ぎたことがあります。
まだ中にお邪魔したことはありません。
素晴らしいお庭な広がっているのですね。
是非、次回は歩かなくっちゃ。。。
大河内傳次郎のあのセリフを言う時の節回し。。。
幼いながらに印象が残っています。し
あの頃大河内傳次郎の物まねで知ったのかもしれません。
皆さん、こぞって真似してましたよね。
あっこちゃん
2016/12/12 20:14
まあきれい!紅葉の真っ盛りですね!
一番きれいな時期にいらっしゃったようですね!
京都のモミジは真っ赤、赤黄緑の混じったモミジもありますね。
以前、大河内山荘の前を通りましたが、庭園は見なかったのです…。
こんな庭園があったのですね!
大河内山荘が国の文化遺産に指定されましたか!!
京都の素晴らしい紅葉を見せていただきありがとうございました。




みっきい
2016/12/12 20:50
今晩は〜
大河内傳次郎さん個人の庭園なんですね〜、広いですね〜。
余りにも紅葉と緑が美しく、これぞ京都ですね〜。
やっぱり、ゆっくり巡りたいところだと思いました。
ロシアンブルー
2016/12/12 22:01
紅葉の季節の大河内山荘、すばらしいですね!
真っ赤な紅葉越しに見下ろす、京の町、最高。
やっとさんのブログ写真はいつも本当に美しいですね。
どのお写真も絵葉書にしたいです。
画面をスクロールしながら、
何度も楽しませていただきました。
ひろピー
2016/12/13 08:12
よく手入れされたお庭です、今日との紅葉の風景は、私も良く知っているつもりですが、いつ見ても癒されますね、こういう風景は、どんどん海外にも紹介してゆきたいですね、緑と黄色と赤の混じり合ったお庭の石畳を歩いて、お抹茶と和菓子を頂いて、至福のひと時ですね、
fujisan
2016/12/13 08:33
前記事の嵐山よりまた一層、紅葉の紅が深まった様ですね
鮮やかさが目に焼きつきます
また竹林の道の幽玄なこと!
日本の、京都の晩秋を満喫させていただきました
T&M
2016/12/13 12:04
こんにちは。
やはり全体の紅葉風景どこか品を感じます。
さすがお手入れが行き届いていますね!
周りの苔や木々の緑と相まって色とりどりの重なりを見ること出来て素晴らしいです♪ 美味しそうな羊羹とお抹茶はどなたのでしょうか^^。
両側にそびえる真っすぐに伸びた竹林がまた美しいですね。

のろばあさん
2016/12/13 14:56
おはようございます。
残念
気持ち玉、間に合いませんでした。
気を取り直し、再訪です。
大河内山荘はそこに辿り着くまでの道も含めて大好きです。
年明けに、札幌から帰省する娘と3泊4日の短い京都旅行ですが、大河内山荘にも足を運びたいと考えております。素敵なお写真ありがとうございます。
青空
2016/12/14 07:07
おはようございます。
コメントがやっと入れられるようになりました。
保障してもらったPCが使えるようになりました。
この間の訪問ありがとうございました。

大河内山荘ですか、いい写真の数々に見とれてpマス。
Tomi-
URL
2016/12/14 10:25
こんにちは〜いつも訪問、気持ち玉を有り難う御座います。
素敵な京都の紅葉を自宅にいながら楽しませて頂きました。関東で1番遅い当地の紅葉もすっかり散ってしまいました。又来年です。
にか
2016/12/14 12:27
こんにちは。
大河内山荘は何度も側を通っているのに一度も行ったことがないのですが山荘の庭園はこんなに立派なのですね。
とても個人の所有地だったとは思えないほど広大で、外部の寺院にわざわざ紅葉を愛でに行かなくとも、この庭園内の紅葉で十分だったでしょうね。
今一番行きたい京都が、大混雑により、一番行けないところとなってしまっているのが返す返すも残念でなりません。

いつもご訪問いただきありがとうございます
テンプル
2016/12/14 14:14
やっとさん、こんにちわ^^
いつも気持ち玉をたくさんありがとうございます。
ご無沙汰して申し訳ないです。
でもやっとさんのブログは時々チェックしております。
「今日こそ気持ち玉の空きがあるかも」と、
儚い望みを抱きつつ、いっつも満杯ですごすごと
今回もまたこの世の楽園の画像、ため息が出るくらい美しいですね。
海外の石造りの庭園も美しいですが、
日本の自然と一体化した庭園は、庭師さんの手作りの見事さに
驚嘆します。
いつもながら画像の構図の良さ、心が洗われるようで、
ごちそうさまでした^^
ちいかめ
2016/12/16 20:36
大河内傳次郎の別荘が
嵐山の近くにあったのですか?
もう少し早く知っていれば、
立ち寄って来たのに、残念です・・・
嵐山からトロッコで行ったら、
竹林など通って、気持ち良いでしょうね。
素晴らしい紅葉をじっくり楽しませて頂きました♪
それにしてもこちらの気持玉すぐいっぱいになるのですね!
ロコ
URL
2016/12/17 15:18
秋晴れの中 紅葉が美しくて
竹林の清々しさも感じます
休息場のお茶。。。
イイデスネ〜〜
kyoumama216
2016/12/18 11:19
写真が大きくて、切り取りが抜群うまいですね。
どの写真見ても、ホォ〜となります。
いつも沢山の気持ち玉、有り難うございます。
yoshi
2016/12/18 12:38
 素晴らしい日本庭園の美ですね。和の趣の良さをじっくり堪能できる庭は良いものです。文化財に指定されるのも当然だろうと納得の美しさです。
 繊細な四季の風情を末永く残してほしいところですね。
なおさん
2016/12/18 21:35
やっとさん、いつも我が拙いブログへ
足を運んでくださりありがとうございます✨

今年(去年もですけど)の1番の紅葉を
やっとさんのブログで楽しませて頂きました。
真っ赤に燃える紅葉、いいですね(^-^)
紅葉の中でお抹茶をいただく、これ
私の‥‥密かな夢です(笑)
竹林のお写真もステキ!
身を置いてみたいです。
とわ
2016/12/20 21:41
こんばんは〜
今回も素晴らしい日本庭園ですね。
京都の素敵な所を通りこして、素晴らしい所へと案内して頂ける、やっとさんいつも感激しています。
京都は時代劇の撮影所が数多く点在するのでしょうね。
日本で一番美しいと言われる紅葉の季節が過ぎて、静かな京都へと落ち着く季節なのでしょうか。

そうそう〜 BS「猫のしっぽ カエルの手」ベニシアさんの手作り日記を毎週見ています。
再放送なのですが、ちっとも再放送を感じません。
ベニシアさんの自然な暮らし 憧れを感じながら感動を覚えています。
京都という地をいつも感じていられる やっとさんが羨ましく思います。

いつも拙いイータンブログにお越し頂き感謝しております。
そしてたくさんの気持玉を頂きありがとうございます。
来年もよろしくお願いします
良いお年をお迎え下さいますよ〜
イータン
2016/12/26 20:34
おはようございます♪
今年も拙いブログに遊びに来て下さって有難うございました。
来年も大好きな京都を発信してくださ〜い!
楽しみにしております♪
良い年をお迎えくださいね
せんこ
2016/12/31 03:43
12月に更新なさったことに、気が付かないで過ごしたようでした!
失礼しました。
楽しみに待っていましたのに〜〜
渡月橋で、素敵なお祭りがあるのですね!
ハッピー
2017/03/04 21:37
早々にお越し下され恐縮です。
やっと様の様な写真が撮りたい〜〜
でもこれだけは神様からのもの・・・
見せて戴き幸せになっています。
有り難うございました。
ハッピー
2017/03/06 10:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山荘が国の文化財に 元気には刺激も必要/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる